"こぼれ萩”

 

 万葉集に、一番出てくるのは、梅の花、次が萩の花だそう。

 花の揺れる姿、散る様子など、古来から、調度品の意匠として親しまれてきました。

 

 年重ね 人それぞれの 萩の花

        三田 規童