”きせ綿”

 

   平安時代貴族の間では、重陽の節句

前夜、すなわち、9月8日の夜、菊の花を真綿で覆い、夜露と菊の香りを、真綿に移し、それで、体や顔を拭くという風習がありました。

 さすれば、長寿を保たれると信じられてきました。

 

  お菓子の御銘 ”きせ綿”

                               長生堂製